フリースタイルリブレ 〜注目の血糖値の測定器〜

糖尿病でインスリンやGLP1製剤を使っている患者は、低血糖のリスクがあり、定期的に血糖値を測る必要があります。

今までは1日2-4回の頻度で指先に細い針をさせて血を絞り取り、それを血糖測定器で読み取る必要がありました。

そのため手間や、痛みなどの理由で、なかなか続けることが出来ないという患者さんが一定数いらっしゃいました。

この問題を解決するために誕生したの「フリースタイルリブレ」です。

フリースタイルリブレ

(オフィシャルサイトより抜粋)

上記のような専用のセンサーを腕など皮下脂肪が多い所に装着し、読み取りの機械をSuicaを使うときのように近くに当てると、血糖値を測定することができます。

一度センサーを装着すると最大14日間自動的にグルコールの値を測る事が出来ます。このリブレのセンサーは驚くべき事にシャワーを浴びても全く外れません。日常生活の自由度が非常に高い装置です。

また血糖値を何度も測ることができるので、食前、食後の血糖値の推移を観察することが可能です。

難点としては、皮膚が蒸れて荒れてしまう方がいらっしゃるのと、装置をつけてから1週間は少し正確性に乏しいことが挙げられます。

フリースタイルリブレの使い方

文字で説明するより動画をみた方が早いです。

youtubeでこんな動画が落ちていました。個人投稿なため非公式ですが、イメージは湧くと思います。

フリースタイルリブレの価格

フリースタイルリブレは便利な機械ですが、すべての患者さんに対して提供できるものではありません。

当サイトを運営するクリニックでは、以下の患者様に対してフリースタイルリブレの使用を行っております。

  • 1型糖尿病の方
  • 2型糖尿病で1日4回以上血糖測定が必要な方

それ以外でフリースタイルリブレを使用されたい患者様については、自費診療で行うこととさせて頂きます。

ちなみにamazonでフリースタイルリブレを購入することは可能です。(その際は安全管理は自己責任で行ってください。)詳しくamazonのWebサイトをご覧になってください。

筆者も自身でamazonで購入し、ジュースなど血糖値が高くなると言われる食事を食べた後に自分の血糖値がどうなるのかを調べてみたことがあります。

フリースタイルリブレの効果

フリースタイルリブレは簡便なだけでなく医学的なメリットも大きいと言われています。

特に、何度も測定できるため24時間の血糖値のトレンドを観察する事が可能で、低血糖を防ぐインスリンの調整を行うことが可能です。

2016年にLancetから発表された論文では、フリースタイルリブレを使用することで低血糖になる時間を38%減少したと報告されました。

一方で皮膚の痒み、アレルギー反応も極少数ではありますが報告されているため体に合わない場合は使用を中止するのが望ましいと思います。

コメント